POLYWORKS 2020でより効率的に生産性を高める方法を学ぼう

 

POLYWORKS|INSPECTOR™の習得すべき4つのコアツール

検査プロジェクトのクオリティの向上

 

ピーステンプレートを使用した検査プロジェクトの構築

一度に複数のデータ位置合わせ、測定オブジェクト、検査レポートを変更および追加できる方法を学びます。以前に製造された部品を分析することにより、エラーを迅速に調査できます。

 

測定オブジェクトベストフィットによるデータの位置合わせ

フィーチャー、データムターゲット、サーフェスポイント、またはエッジポイントから位置合わせを行い、重み付けや軸の拘束を使用して結果を最適化する方法を学びます。

 

コントロールビューによる確認作業の効率化

コントロールビューを使用することで、何百もの寸法や幾何公差を含むプロジェクトを効率的に整理し、必要な情報をすぐに確認できる方法を学びます。

 

カスタム測定を利用した測定情報の取り込み

パワフルなカスタム測定を利用し、ノギスなどのハンドツールによる測定結果を取り込み、管理する方法を学びます。

POLYWORKS|INSPECTOR™のユーザーエクスペリエンスを最適化

POLYWORKS|INSPECTOR™をカスタマイズし、検査業務をより効率的に

 

検査ワークフローに合わせたツールバーのカスタマイズ

ツールバーをカスタマイズし、使用頻度の高いツールにスピーディにアクセスする方法やマクロスクリプトを追加する方法を学びます。ツールバーを社内メンバーに共有することで、業務効率を最適化します。

 

表示レイアウトの最適化による生産性の向上

表示レイアウトをカスタマイズして作業環境を設定する方法と強化された対話操作モードの便利な機能をご紹介し、 PolyWorksをより効率的に簡単に使用できる方法を学びます。

 

作業に合わせたアプリケーションモードの設定

部品検査に最適なアプリケーションモードを設定する方法と、プローブとスキャンのデフォルトの測定パラメータとオブジェクトコントロールを定義し、ユーザー設定に保存する方法を学びます。

 

テンプレートのカスタマイズによる検査の時間短縮

テンプレートにより、注釈、フィーチャーの管理項目、またレポート表の表示構成をスピーディに設定する方法を学びます。編集した設定をデフォルトのテンプレートとして保存すると、次回以降、注釈やレポート表を作成するときにこれらの編集を繰り返す必要がなくなります。

PolyWorks|Inspector™寸法解析と品質管理ソリューションにご興味をお持ちの方はこちら


デモを依頼する