複数ピースの解析とデータ収集機能を強化

 

 複数ピースのための検査プロジェクト構築とデータ解析のクオリティの向上 

 

 

PolyWorks|Inspector™では、既に検査済みの複数ピースの結果に対して、データ位置合わせ方法、検査箇所やレポートの追加、変更が一括で行えます。 

すべてのピースを適切に処理可能な検査プロジェクトを構築 

  •  準備した検査プロジェクトでピース測定を開始   
  • 測定値の算出に問題のあるピースが見つかった際に、算出パラメーターを適切な値に調整   
  • 1回の操作で、スキャン済みのすべてのピースに変更を適用   
  • 算出パラメーターの変更を適用したピースの結果を確認し、必要に応じてパラメーターを再調整 

過去に製造した部品を解析することで、生産不良を迅速に調査 

  • 追加の情報を得るために、新たな検査箇所を加える 
  • 調査のために、新しい管理項目やレポートを作成 
  • 1回の操作で新たな検査箇所やレポートを選択した複数ピースに適用  
  • 追加された管理項目の統計値や傾向グラフを解析 

幾何公差ツールの最適化と強化 

標準規格の改善に対応するため、既存の数学アルゴリズムを最適化し、また革新的な新しいアルゴリズムも開発しました。 

  • 2点間サイズの計算を高速化
  • 残存可動度の最適化の実行時に、より正確で再現性のある結果を算出 
  • CZ (共通公差域)を使用し、はめ合いフィーチャーのパターン評価をすることで、組付けを確

 

ポータブル測定ソリューションのユニバーサル化を拡大 

PolyWorks 2020では、ポータブル型測定機向けのワークフローを強化し、新しい測定機との接続機能を追加しました。 

 

 

  • 測定済みの点や円要素から平面、線や円要素の作成が可能となり、幾何公差算出や作成時のフィット偏差の確認ができます。 
  • Creaformレーザースキャナーで、複数ピースの繰り返し検査が可能となります。 
  • Leica ATS600トラッカーの機能を活用できる、ハイ・パフォーマンス測定が可能となります。 
  • MicroRidge MobileCollectワイヤレスシステムに接続し、ノギスやマイクロメーターなどの手動測定ゲージの測定値を検査プロジェクトに取り込めます。 

 

CNC 3次元測定機の生産性を向上 

多くのCNC3次元測定機ユーザーは、その優れた操作性とパフォーマンスにより、PolyWorks® Metrology Suiteを採用しています。バージョン2020では、さらに機能の強化と拡張を行いました。 

  • 測定シーケンスを、フライモード(最大50%の高速化)により、プローブおよびレーザースキャン測定でスピーディに実行します。
  • 測定シーケンスをオフラインで作成する際、使用する測定機の測定範囲をもとに、範囲を超える測定パスの作成を回避できます。また、異なる測定範囲を持つ測定機への測定シーケンスの移行も支援します。 
  • I++ CMMプラグインにより、レーザースキャナー付き HexagonおよびZeiss CNC 3次元測定機との接続を可能にします。 

ユーザーエクスペリエンスの向上で検査業務をシンプルに

PolyWorksの操作性の向上は、重要な要素として毎回のリリースで行っています。

 

ユーザーフレンドリーな新しいコンテキストツールバーと、操作ガイド表示の改善により、機能の操作方法を短時間で習得できます。 カスタマイズしたツールバーとマクロを、社内や取引会社と簡単に共有できます。 

 

カスタマイズしたツールバーとマクロを、社内や取引会社と簡単に共有できます。 


 

POLYWORKS|REPORTLOOP™により、複数ピースの検査プロジェクトを独自のExcelにリンク 

PolyWorks|ReportLoop™により、複数ピースの検査結果を企業独自の書式のExcelシートに統合可能で、ゲージR&R検証などを行うExcelにPolyWorksデータをスムーズに転送できます。 

POLYWORKS|AR™により、作業手順や検査結果を複合現実で表示 

PolyWorks|Inspector™では、複合現実デバイスを通して現物上に、作業手順や検査結果をグラフィック表示できます。 

 

PolyWorks® 2020寸法解析と品質管理ソリューションにご興味をお持ちの方はこちら

デモを依頼する